「こまちの里」へようこそ!

最近の主なお知らせ:

09月28日 30年産新米販売始まりました!

 今年の夏、甲子園を沸かせてくれた金足農業高校ナインの”パワーの源”でもある『あきたこまち』、の新米発送がはじまりました。
 まずは「あきたこまち」「特選米」「こまちの華」の三種類、ご注文のお客様には新米をお届けします。

 また、長年ご厚情を頂いておりますお客様に心からの感謝を申し上げまして、送料大幅割引キャンペーンを開催しております。
 ただいまご注文下さいました皆様に、10kg以上(お届け先1か所についての総重量)お買い上げの方には全国どこでも送料無料、10kg未満でも全国一律300円(税別)送料割引を致しております。
 さらに代金引換のお客様は代金引換手数料も無料でございます。
 

 この機会でのご注文、心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
 なお、「こがねもち」の新米に関しましては、例年通り10月中旬・10月下旬頃よりのお届け予定となっております。収穫時期まで少々お待ちくださいませ。

本物の「あきたこまち」をお届けします

遥かに秀麗な白神山地を望み、奥羽山脈から湧き生ずる清らかな流れはどこまでも澄み、八郎湖に注ぐ。
溢れんばかりの太陽の光は燦燦と降り注ぎ、日本海を渡る潮風は爽やかに稲穂を揺らす。

そんな北国秋田の、とっても美しい風景のなかで、私たちが手塩にかけた本物のあきたこまちを皆様にお届けします。
自然の恵みをふんだんに浴びた美味しいお米をぜひ一度お試しください。

私たちが作った「あきたこまち」を直接皆様のお手元へ

「こまちの里」は、秋田県大潟村の3軒4人の農家で経営しているちっぽけな会社です。 けれども、お米に対しての熱意は誰にも負けないと自負しています。

土づくりにこだわり、病気や害虫にも耐えうる丈夫な稲づくりを目指し、より自然の摂理にかなう無理のない生育環境づくりに、日々励んでいます。 みちのく秋田より皆様へ爽やかな風とともに私たちの真心を贈ります。

トピックス

平成30年 10月 17日(水) 大川 澄雄

あっ・・たぬきだあ~

稲刈りもようやく終える事が出来ました。ご声援本当に有難うございました。
今年は、量的には天候によると思いますが、かなり不作のようでありました。
まず無事終わった事に感謝したいと思います。

 ちょうど刈取り最後の六条を刈りながら終わりに向かった時の事でした。
残り2、3メートルと言う時、突然稲がざわつきだし、「ん?何かいるな」と思って進んで終わった途端、黒褐色の大きなものが飛び出たではありませんか。何となんと丸まる太った「たぬき」ではありませんか。機械で突かれ怪我したのかも知れません。見ていた嫁さんと家内が超びっくり、「あらあらあら・・・・」と驚く間に走って逃げて行きました。富んだ出来事が起きて有終の美となりました。(映像が無くて残念、イメージです)

平成30年 10月 16日(火) 清野 道義

我が家の稲刈りも

 2018年我が家の稲刈りも「こがねもち」の刈取りを最後に終了しました。
コンバインのトラブルも殆ど無く、ただ雨の多かった稲刈りだったように思います。
それでもトラブルがほとんど無く無事に終了した事が良かったかなと思っています。
要らない台風が何回も来てその影響はどうかなと心配していたのですが、思いの外、大した影響も無かったように思います。ちまたでは、塩害の被害がニュースに流れてきていたのでホッと胸をなでおろしていたところです。
これから稲刈りの後処理があるので仕事が一段落つくのはもう数日必要かと思います。
その後、いよいよ暗渠作業が始まります。毎年寒い中での作業でしたので、今年こそはあまり寒くならない内に作業が終わってくれたらベストなのですが・・・・・・。
まだまだやりたい仕事が目白押しなのでうかうかもしてられませんね。

平成30年 10月 15日(月) 大川 史郎

この流れは…

 最近の天気予報に確証がいまいちもてず、刈れる時に刈れるだけ、なんていってるうちに…2018年稲刈りが終りました。
 
 本当、ここ何年かは稲刈りが容易にいかなくなったなと感じます。天候と刈り取るタイミングがあわないのもあるけど、イレギュラーな雨が多い、今年に関しては台風が2回も直撃してるし。難しくなってきたなぁ。
 
 なんにせよ、とりあえず一安心できました。

平成30年 10月 12日(金) 長井 一彦

もう少し頑張ります。

 夜中に雨が降り、朝方からは曇り状態から日の射す一日です。
明日から2日ばかりで刈取り作業は終える事でしょう。台風被害が目に見えて困っている状態です。元気を出して頑張るだけです。
 なぜか身体が疲れてきてるようで雨が降ればグタッとしてるだけです。寒さが来
て活気が無くてもやるべきなことはやらなければと思っております。
刈取り作業を終えたらちょっと休みを取りまして、体調を整えて頑張ります。

平成30年 10月 11日(木) 大川 澄雄

二度咲き??

 やはり今年は、異常気象だと思いますね。以前には台風の塩害によりまして、一度葉枯れ落ちた八重桜が、見事満開になった時がありました。確か9月中旬だったと思います。まだ残暑厳しい時期の紅色の花びらはまさに見事でありました。

 今度の話しは、「金木犀」でありますが、9月中旬頃、家内と「今年は開花が早いじゃないのか、でも余り香りはしないな~・・・」と話ししながら枝折ったりして花瓶に挿しておりましたが、10月の初旬、またまた咲いたではありませんか。今度は沢山の花が付き、見事芳香な匂いでびっくり、同じ木に早い遅いがあり、咲いたのでありました。私も樹木も狂っているのかも・・・・。