第317号  31年1月号  清野 道義

 ~ 新年明けましておめでとうございます~
 
 旧年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
 「平成」の年号も、あと4か月で終わってしまいますね。振り返ってみると津波・台風・大火など数々の自然災害や人災を思い浮かべてしまいます。ネガティブな記憶なのでいい記憶とは言えません。
 私自身昭和の時代、幼少期に住んでいた新潟県で体験した新潟地震とここ秋田県に移住してからの日本海中部地震と2回ほど地震を経験しました。平成に入り、東日本大震災があって、さすがにもう体験したくはありません。
 
 ポジティブな記憶とすれば(スポーツ好きな自分としては)、やはり4年に一度のオリンピックや、世界を転戦しながらのワールドカップなど、数々の世界大会で日本のスポーツ選手達が大活躍したことが浮かんできます。数えきれないほどの感動と、そして私達に心の豊かさや強さを与えてくれた選手達の更なる活躍を応援しております。また、来年の東京オリンピックでは、いま世界で戦っている10代の若い選手達も、より一層活躍してくれるものと期待が大きく膨らんできます。
 
 我家の平成は子育てと子供の部活に明け暮れました。現在進行形でまだ子育ても終わっていません。4人の子供達が小学校のスポーツ少年団から高校までスポーツに明け暮れていたので練習試合などでの送り迎えが大変だったことが思い出されます。来年4月でようやく子育ても終わる予定なので卒業後にゆっくりと夫婦で旅行にでも行こうかと思っています。

 昭和・平成と生きてきて新しい年号に移り変わる今年こそは、何かしら良い出来事を期待してしまいます。今年は良いことがありますようにと願いを込めながら・・・・・。
 これから益々寒くなり本格的な冬が到来します。インフルエンザなど、体調を崩しやすい
時節柄、どうぞご自愛くださいましてお過ごしください。

今月の一句
田も畑も 雪にかがやく 初日かな