第277号  27年9月号  大川 史郎

 今年もまた熱い(暑いではなく)8月でした。熱いといえば今年の甲子園は100年を迎えた記念すべき大会とかで。暫く甲子園を見てなかった自分も、盛り上がる周囲におされてか段々とテレビの前にいるように…
 早稲田実業の清宮選手や関東第一のオコエ選手といった話題性も相成ってか大変盛り上がった大会だったと感じます。そんな中、地元秋田も盛り上がりまして。初戦敗退が暫く目立っていて(3,4年前には突破してましたが)今年も…という空気の中、あれよあれよという間に気付けば準々決勝にまで駒を進めるまでに。
 そりゃあ周りも騒ぎ出します、家でもいとこ含め家族総出で試合を見ていました(ちょうどお盆休みと重なっていたのもあり)。    
 惜しくもベスト8という結果でしたが大会開催前の下馬評と比べると県民の期待(自分も含め)も相当に熱くなっていて…負けた時は惜しかったけど、よくやったという人が大半でした。人の心境って変化していくんだなと改めて思いました(自分含む)。尚、秋田商業は別でもいい話題(宿舎への寄せ書き)を残してくれてましたし…。

 変化といえば自分にも心境(身況)のほうに変化がありまして…先々月に籍を入れることとなりました。改めていうのですが、20歳の頃に事故で片脚をなくし障害者となってからはずっと一人でもいいと考えてたり精神的にも少し病んでいたことも(苦笑)。そんな自分が一緒にいれればと思える人がいまして…いろいろありました(あえて(笑)割愛させていただきます)が晴れて一緒になれました。
 相手には連れ子がいていきなり2児の父親になることに。うまくやれているかはさておき…いざ父親という立場になると親の大変さを改めて感じます。男兄弟なのでわちゃわちゃ感がすごく始めは圧倒されてました、が今では自分も…(苦笑)。ただ、2人共素直ないい子達なので大変さもさほど感じることはないかな、むしろ自分の幼少期に比べると…改めて親には感謝してます。
 今までの環境からの変化に戸惑いながらも色々影響を受けたり、また勉強しながらなんとか日々頑張っています。

 この文を書いている今現在、台風15号が日本に上陸して、甚大な被害をもたらしています。少し進路が東にくるだけで秋田も影響下に入ります。稲が登熟するこの大事な時期倒れてほしくないなぁ。いっそ台風の進路も真西に変化してくれねえかなぁ。

 秋田もお盆を過ぎた頃から急に涼しくなりました、いや通り越して寒いくらいか。
皆さまも急な気温の変化に体調など崩されることのないようどうぞご自愛下さいませ。

今月の一句
干拓地 ひときわ高く 稲穂かな