第290号  28年9月号新米発送特別号  大川 史郎

 9月も下旬にさしかかった頃、今年ももう稲刈りの時期になりました。いや本当に早いものです。
 毎年9月の上旬に収穫前の村祭り「大潟神社例大祭」があるんですが今年は我が家の住区が担当でした。かつ役員の方も順番で(運が悪く…?)自分が担当になりまして最初から最後まで携わることになりました。実際に当日までの準備・当日の段取りなどをやってみると、村の祭りとはいえこれがなかなか…
  こういった行事の苦労と、神聖な儀式というのを勉強させてもらいました。

 そして、北日本に被害をもたらした台風10号の被害がここ大潟村は本当に運良く最小で済んでくれたことを考えると、こういった五穀豊穣の儀式も大事だったりするのかなと思ってしまいました。…ちなみに祭りは台風後でしたが(苦笑)
 今年の新米から「あきたこまち」の種子が変わりました。ぜひたくさんの皆様方にご賞味していただけると幸いです。

今月の一句
刈り終えて 夕日が顔と 籾照らす