第117号  14年6月号  清野 道義

  いつも「こまちの里」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。皆様方におかれましては、益々ご健勝の事とお喜び申し上げます。 道路脇の木々は一層緑が深まり、5月に植えました苗たちはグンと生長し、また一段と緑が映え渡っています。ついでに畦畔(あぜ)に生えてしまう雑草たちも大きくなっていて、今の大潟村は右を見ても左を見ても緑一色で、梅雨入り前の穏やかな良い季節です。
 さて、4・5月の春の農繁期も一段落いたしまして、今では子供のクラブ活動や野球の審判などに、あちこち走り回っている今日この頃です。今年のわが家の娘たちは、幼稚園から高校まで各々一人ずつ並んでいます。今年から高校の陸上部に入り、忙しいからと言って未だ下宿先から帰ってこない長女。お姉ちゃんがライバルの二女は中学校のバレー部に入り、毎日の帰宅は7時過ぎ。小学3年の三女は「来年はミニバスをやるんだ。」と言って今から同級生を勧誘。そして訳もわからず生意気なことを言いながらまとわり付いてくる末っ子四女と、若草物語を地で行くわが家です。それにしても、時々「スネに痛みが走る!」この頃の私です。さすがに長女のカジリは痛い。

 先月からお届けしております新商品の「無洗米」、お味の方は如何でしょうか。いつも頂きます電話やお手紙・E-メール、そして振込用紙の通信欄などに書いてくださいますご意見やご感想の一言、大変ありがたく拝読させていただいております。貴重なご意見など「こまちの里」の発展の糧とさせていただきます。今後とも皆様のご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。  

これから、南の方から梅雨に入ってまいります。体調を崩されたり食中毒など召されませぬ様、お祈り致しております。

今月の一句
早乙女の 草取る夢や 田に昼寝