第231号  23年11月号  清野 道義

 秋の収穫もあっと言う間に過ぎてしまい、青く茂っていたポプラ並木の葉も枯れ落ちてしまいました。初冠雪の便りもあちこちの山々より届き始めています。ここ大潟でも最低気温は10度を割っていて、日中
の気温もさほど上がってはくれません。木枯らし吹く風は冷たくジャンバー一枚で外に出るには寒すぎます。このように、じわりじわりと冬将軍が迫ってくるのが感じられます。

 晩秋から初冬にかかるこの時期は体調を崩し易い気候・・・そんな訳で先日、大潟村で行われている集団検診に行って来ました。血液検査や尿検査・胃ガン・肺ガンなど約10項目位の検診をして来ました。去年、一昨年とコレステロールが高くなって来ていて注意を促されているのですが、なかなか改善されていないのが現状でしたが、今年はどうでしょうか?まだ検診結果は出ていませんが、ちょっと心配ではあります。

 さて、今の農作業の状況など皆様に詳しくお伝えする予定でございましたが、スペースの都合がつかず半分しか書けませんでした。申し訳なく思っております。これから冬に向かっていく季節、お風邪など召されぬよう皆様のご健勝をお祈り致しております。

今月の一句
刈りあとの 何と静かや 水を掃く