第225号  23年5月号  清野 道義

 何時も「こまちの里」をご利用いただきましてありがとうございます。
桜前線も例年に比べると一週間ほど遅れ気味でしたがこの連休には満開の時期を迎えると思います。

 今年も、菜の花と桜の咲く時期がゴールデンウィ-クと重なりますので大勢の観光客で賑わうと思います。長い直線道路に植えられた桜並木は5キロ以上続き、桜のすぐわきに菜の花も植えられているので桜並木のピンクと菜の花の黄色が見ごたえのある風景を醸し出しています。
ただ、残念なことにこの時期、簡素な大潟村の幹線道路が自家用車であふれ、十数キロもの大渋滞を起こしてしまいます。農繁期のこの時期は桜並木の道路を迂回して遠回りをしてでも別の道を走ったほうがスムーズに走れます。
 桜が終わると一気に田植作業が始まり今月末には農繁期も一段落して一息つく事が出来ます。整然と苗が植えられた水田を眺めると「今年もすくすく育ってくれよ!!」と思う気持ちがこみ上げてきます。

 田植えが終わると間もなくインターハイの秋田県予選が始まります。三女は今年3年生になり高校バレーも最後の公式戦となります。目標は、秋田県大会で優勝しインターハイ出場する事です。中学から始めたバレーボール、6年間の集大成です。後、ひと月です。練習も試合も悔いの残らないプレーを期待したいと思っています。
三女の部活が終わると今度は四女のバレーボールの大会が始まります。息つく暇も無い状態で始まりますが、まだ中学2年生なので技術的にもまだまだ未熟ですが思い切りの良いプレーをしてほしいと思います。
  
 3月の大災害で被災された皆様には心からお見舞いを申し上げます。
1日でも早く復興することを念じております。

今月の一句
代掻きや 泥水匂う 杳(とお)き日の