第304号  29年12月号  長井 一彦

 今年も残り後わずかとなって参りました。皆様には大変なるご厚情を賜りまして誠に有難うございました。心底感謝申し上げます。
 来年から転作も無くなりまして、一段と大変な農業に変わって参ります。私どもは、皆様に安全で安心、且つ美味しいお米を提供することが原点でありますし、そのためにより一層、努力して参りたいと思います。
 今後とも何卒ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 秋の長雨によりまして、刈取りそしてその後の暗渠作業が、大変遅れまして、今にも雪に変わりそうな、空を見上げながら暗渠入れに精を出しております。幸い息子が頑張ってくれますので、仕事もスムーズに進捗致しております。本当に有り難いものでございます。大潟村の場合、排水、そしていかに軟弱の田を硬くするか、それが望まれる訳でありまして、暗渠作業は稲刈りに次いで大事な作業であります。根雪の前に終るよう頑張って参りたいと思います。
 
 これから大変寒い季節に入りますが、どうかご自愛下さいますようお祈り申し上げます。

今月の一句
伏してより 感謝を贈る お年末