こまちの里だより 一覧

第227号  23年7月号 (早津 一仁)

  色づく青葉にしとしとと露が流れる季節になりました。日本海からの爽やかにそよぐ潮風も心地良い暖かさになっております。日頃より大変お世話になっております事に心より感謝と礼を申し上げます。

 あれ程に雨続きだった4~5月の天候が嘘のように、田植えを終えた6月の空からは何も落ちてこない日が長らく続いていました。大豆の種を蒔いた人も中々芽が出ず、種を蒔きなおした人もたくさんいます。雨を待っていれずに用水路から水を流し込んだ方もいます。そうすると、確実に芽は出てきますが、比例する…

第222号  23年2月号 (早津 一仁)

新年が明けまして、2011年のスタートから早一ヶ月が過ぎてしまいました。 「一年の計は元旦にあり・・・。」と、心に決めた今年の目標に向って、また始まる一年の『稲づくり』の計画をじっくり考える冬の季節を迎えております。

 どうやら日本全国で寒波が居座っているようですね。特に日本海沿岸の各地では、気象データの観測史上最高の積雪量を記録してしまった地域が出始めているようです。テレビ報道でご存知でしょうが、秋田県・県南部の横手市や湯沢市では除雪作業に大変苦労されているようです。まし…

第217号  22年9月号 (早津 一仁)

  暑い暑い夏から、ようやく秋の気配を感じられる昨今になって来ました。日本全国で本当に今年の夏の暑さ(高温)で、体調管理にご苦労されたことと思います。こんな残暑もあと少しばかりかと思います。冷たい物の暴飲暴食を控えまして、もうすぐやってくる「味覚の秋」・「食欲の秋」に備えたい所ですね。

 ここ最近、朝3時とか4時という時間に目が覚めてしまうことがあります。この夏場の季節的なこともありますが、今年は特に寝苦しいまま目覚めることもありました。まあ~、私もいつまでも「若いふり」…

第207号  21年11月号 (早津 一仁)

 遠き山々には、眩しいばかりの錦秋の輝きを見せてくれております。白神山地にも奥羽山脈にも見事な紅葉がみられます。みちのく東北の旅路には、是非とも今が旬の頃と思われます。
 日頃より皆様から頂戴いたしますご愛顧に対しまして、早津家一同心より感謝と御礼を申し上げます。本当に有難うございます。9月稲の登熟がなかなか進まず、稲刈りのスタートが遅くなってしまいました。順調に進んだ稲刈りも、10月中旬からの雨続きな空模様に、ヤキモキさせられながらも無事終了。一年間の農作業の苦労と、「収…

第202号  21年6月号 (早津 一仁)

 風薫る新緑の清々しい季節になりました。いつも本当に大変お世話に
なっております事に、家族一同心より感謝申し上げます。3月の雪解けとともにスタートしました「今年の稲作り」ですが、つい先日の「田植え」の無事終了によりまして、春の農作業の大きな山場を越えたことになります。本当にみなさんご苦労様でした。そして、元気に働いてくれた「トラクター」さんや「田植機」さんにも「大変お疲れ様でした。」と、綺麗に洗ってあげたり整備をしてあげたいと思います。

 この春の「珍しい来客…?」をご紹…

第197号  21年1月号 (早津 一仁)

 「新年明けましておめでとうございます。」
日頃より賜りますご愛顧に対し、心より感謝申し上げます。
今年も変わらぬお引き立ての程、何卒宜しくおい致します。

昨年はわずか一年の間に、大きく世界中が変遷してしまった年だったかと思います。アメリカや中東諸国の影響をもろに受けました穀物相場や原油価格の変動、日本国内外に波紋を起こした食品偽装や薬品の混入など、本当に「食の安全」や私どもの生活に直接的に大きなダメージを与えてくれたものです。
 
 そして秋以降は円高や株価の下落な…

第192号  20年8月号 (早津 一仁)

 待望の真夏の到来です。私どもの「あきたこまち」達や「こがねもち」達は眩しいばかりの日差しを受け、今が時期と『出穂』の頃を迎えております。3月の雪解けの頃より手塩に掛けて育ててきた苦労に、ほっと一息つけるような安堵感があります。稲たちにとっては、これからのひと夏がもっともっと暑い夏になれますように。そして、大きな台風などの大接近がない事をただただ願うばかりです。

 お久しぶりです。皆様お変わりなく、お元気でお過しの事と存じます。全国的には猛暑の傾向のようですが、ここ…

第187号  20年3月号 (早津 一仁)

 日頃より大変お世話になりまして、誠に有難うございます。
 私ども家族一同、本当に心より感謝と御礼を申し上げます。
 「日本特有の本来の『四季』は、どこに行ってしまったのか・・・?」などと云う会話を最近よく耳にしますが、皆様いかがお考えになりますか? 地球温暖化の傾向の中で、降るべきものが降ってくれていない(雨も雪も)ような気がしてなりません。降るべき時期にその適量が降っていないものですから、今度は変な時期に莫大な量がほんの一瞬に降ってしまうような有様になってしまいます。…

第182号  19年10月号 (早津 一仁)

 皆様には日頃より大変お世話になっております事、『こまちの里』一同そして早津家一同心より感謝申し上げます。

「今年の夏は暑かった!」と、あれ程までに暑すぎるひと夏が過ぎていきました。朝晩の涼しさも日毎に増し、鈴虫やコオロギの音色に深まり行く「秋」を感じております。私ども5人の仲間で『こまちの里』を結成した平成4年より、早いもので16回目の「新米発送」を迎えることが出来ました。これもひとえに皆々様のご理解とご支援の賜物と感謝致しております。本当に有難うございます。

とにか…

第177号  19年5月号 (早津 一仁)

 皆様には日頃より大変お世話になっております事、『こまちの里』一同そして早津家一同心より感謝申し上げます。異常なほどまでに暖かく雪不足で過ごした冬でしたが、いざ3月になってからの季節はずれの連日の降雪に、一旦しまったはずの雪ベラをまた出してきての雪よせ作業でした。4月に入りましても、なかなか良い天気は続かず、やきもきさせられました。ここに来てようやく暖かい日々の到来ですね。

 さてさて、私たちの農作業はまさに本番突入です。「猫の手も借りたい・・・」という気持ちを痛感させられま…