こまちの里だより 一覧

第284号  28年4月号 (長井 一彦)

 春爛漫の四月ともなりますと大潟村では梅の花から菜の花と桜のトリプルで満開の時期を迎えます。おそらく、全国でも珍しい同時開花ではないかと思います。 何時もでしたらあまり車も少ない大潟村ですが、丁度、ゴールデンウイークと重なりまして、「菜の花ロード」と銘打った道路はまさに渋滞、ごった返しです。
 ほとんど無い村の出来事でありますから、大喜びと言う事でございますが、これもまた村の入植者にとりまして、まさに超農繁期。田んぼが2,3か所に点在しておりますので、道路をトレラーで農業機…

第283号  28年3月号 (大川 澄雄)

 ようやく訪れた春、皆様いかがお過ごしでございますか。今冬は誠に雪の少ない近頃にない気候でございました。農家に致しますと、何か悪い予感も致しまして、降る時には降る、それが農家の日暦でありますが、どうか良い方に向って頂きたい、そう念じております。
 どうか皆様、この季節の変わり目、どうぞお身体ご自愛下さいませ。

 津軽の名峰「岩木山」。それは私共山仲間が猟に遊びに、こよなく愛した山でありまして、冬、猟期になりますと毎年欠かさず35年間、通い続けている誠に大好きな「お岩木さん…

第282号  28年2月号 (大川 史郎)

 1月上旬に友達と九州の大分のほうに弾丸ツアーに行って来ました。
数年前から仲間内でどこかに行こうかというのは計画していたものの、行動力の欠けた集まりで…その割にはツアーの目的が釣りだという(笑)
 しかも九州まで。行動力があるんだかないんだか。
 本当は時間があれば向こうの親戚のところに顔でもと思っていたんですが、出発前に体調を崩していて今回はそこまで行ききれないなと断念することに。(もし、親戚一同がこれを見てたらホントすいませんでした)
 このツアーの内容は収まりきれない…

第281号  28年1月号 (早津 一仁)

『新年明けましておめでとうございます。』
日頃より私たち「こまちの里」をご愛顧頂きまして誠に有難く、家族一同心より御礼と感謝を申し上げます。何卒今年も宜しくお願い致します。

 12月の過去に経験したことのないような季節はずれの暖かさに、疑問を感じながらも穏やかな日々を過ごさせて頂きました。地球温暖化や異常気象という言葉で単純に片付けられない複雑な要因があるものでしょう。しかしながら、日本本来の季節感・『四季の移ろい』をもっともっと大切に、日本特有の春夏秋冬を肌に感じながら暮…

第280号  27年12月号 (清野 道義)

 何時も「こまちの里」を御利用頂きまして誠にありがとうございます。朝夕はもとより日中でも防寒着がなくては居られないこの季節、今年も残すところあと僅かとなってしまいましたが皆様方におかれましては如何お過ごしでしょうか。
 季節の移り変わりは速く今では初冠雪の便りとともに冬将軍の到来がすぐそこ
まで近づいて参りました。
 当地、大潟村では、青く茂っていた木々の葉がすっかり枯れ落ちてしまいさびしい姿をしています。行きかう車のタイヤは殆ど冬用のスタッドレスタイヤに変わってしまい何時…

第279号  27年11月号 (長井 一彦)

 皆様より、日頃の大変なるご厚情を賜っております事に、伏して感謝とお礼を申し上げます。そして、何よりもご健勝で在られますことに謹んでお喜びを申し上げます。
 さて、北国は木々の紅葉もすっかり落ちてしまいまして、木枯らしが吹く季節、山並みから初冠雪の便りを耳にする季節でもございます。北国特有の一気に真冬に突入の気配も致します。残された農作業に全力を注ぎまして、頑張って参ります。

 実りの秋を迎えた頃でございましたか、22年ぶりに中学生の同級会の案内が届きました。刈り取り作業…

第278号  27年9月号新米発送特別号 (大川 澄雄)

「うん?・・」颯爽とダンプトラックで籾を運んでいる人は…

ゴ~ゴ~バサバサバサ…そうです、コンバインでの刈り取り作業が最盛期を迎えました。コンバイン(刈り取り機)のオペレーターは息子、その横にはちょこんと孫を乗せています。刈り取った籾をダンプトラックで運搬するのは…何となんと嫁さんではないか・・・・。家内と言いますと、ただ昼の弁当を運んで来るだけ。そしてそれを満面の笑みでみている私目。
この何とも言えない光景を何度夢見た事でしょうか。願いが叶ったその思いに目を潤ませながら…

第277号  27年9月号 (大川 史郎)

 今年もまた熱い(暑いではなく)8月でした。熱いといえば今年の甲子園は100年を迎えた記念すべき大会とかで。暫く甲子園を見てなかった自分も、盛り上がる周囲におされてか段々とテレビの前にいるように…
 早稲田実業の清宮選手や関東第一のオコエ選手といった話題性も相成ってか大変盛り上がった大会だったと感じます。そんな中、地元秋田も盛り上がりまして。初戦敗退が暫く目立っていて(3,4年前には突破してましたが)今年も…という空気の中、あれよあれよという間に気付けば準々決勝にまで駒を進めるま…

第276号  27年8月号 (早津 一仁)

 日頃より私たち『こまちの里』をご愛顧いただきまして、誠に有難うございます。家族一同、心より御礼と感謝を申し上げます。
 全国的な猛暑となっておりますが、皆様のところでは如何お過ごしでしょうか?何度となく大きな台風の接近があった所、地震や火山の噴火などで地滑りが起きた所など、自然災害の恐怖にはかないません。ここ秋田では6~7月の降水量が極端に少ないようです。気温も高めで推移して来ておりましたので、奥羽山脈や白神山地の雪解けも早かったようで、これからの水不足が心配になってきま…

第275号  27年7月号 (清野 道義)

 何時も「こまちの里」をご利用頂きましてありがとうございます。
 早いもので今年も半分が終わってしまいましたが、皆様方におかれましては、お変わりなくお過ごしの事と思います。

 春に植えたあきたこまちの苗も順調に育ち今月の末から来月にかけて穂が出てきます。
 今は、水田に溝を切って排水性を良くする作業をしています。稲の条に合わせて田圃1枚に付きだいたい13~15本の溝を小型バイクの様にまたがり機械に乗って溝切り作業を行い全部で約250本程切ります。
 農繁期を過ぎた今の時期は、稲作…