平成31年 5月 27日(月) 清野 道義

我が家も終わりました。

 25日に我が家も田植えが終わりました。
今年の田植の始まりがちょっと遅かったので終わりもそれに合わせて遅くなってしまいました。
田植そのものは、大きいトラブルも無く予定通り伸べ6日間で終わりました。
昨日は、数カ月ぶりのお休みにしました。久しぶりの休日は、一日中寝転がっていました。この田植え期間でかなり身体が悲鳴を上げていたので幾らか楽になりました。
この後は、草刈りと水管理が主流となるので私は、鉄工所を再開したいと思います。
今年の田植えに間に合うように苗運搬台を作っていたのですが、間に合いませんでした。これから来年のために完成させようかと思います。
ステンレスで造っているので、完成後に外で保管しててもさびる事は無いと思います。
本当は、今年間にあわせたかったのですが・・・・・。しょうがないで済ませてしまいましょう。

平成31年 5月 24日(金) 大川 史郎

一段落

 苦労した田植えも終え春作業が一段落しました。
 反省すべきところ、機械の調子の悪さもありましたが、今回やったことで亀(カメ)からの脱出はすごい手際よくなりました、トラクターの使い方も要領良くなったし、田植え後半にはもうハマっても何も問題なしという精神状態に(苦笑)。けど、土壌の対策はしなきゃいけないな
 
 この苗箱積まれていくのをみると春作業も終わりなんだと実感します。

平成31年 5月 22日(水) 大川 澄雄

田植終わりました

 近年、めずらしく全く雨のない好天気に恵まれましたが、田圃の軟弱と田植機の馬力が上がらない事で、カメ(田植機がヘドロにはまってしまって自力で脱出出来ない様子を、ここ大潟村ではカメになると言う隠語が生まれた)に見舞われましてトラクターにドライブハロー(代掻き)を付けて、ワイヤーで牽引、すぐ脱出しましたが、親方(息子)も苦労致しました。

 一昨日、強雨風に見舞われ、昨日は恵みの雨(約三週間ぶり)そして昨日に続き、強風雨の中を午前中で無事、苦労しながらも終える事が出来ました。米作りの年間の仕事で、田植えが一番大変な作業だと言われます。この田植えを終えますと米作りの八割方終わったようなものだと、昔から言い伝えがありますが、本当に手伝いを下さいました皆様、そして家族の皆お疲れ様でした。また応援下さった皆様、誠にありがとうございました。

平成31年 5月 21日(火) 清野 道義

今日は、恵みの雨かな?

 昨晩から久しぶりに雨が降り始め今日の昼過ぎまで降って居ました。
今回の雨が全国的に大きい爪痕を残しながら北上して来たので
覚悟をしていたのですが、思いの外大降りはしませんでした。
今回の雨雲の本体は、東北に北上する前に西へと逸れて行ったので
どちらかと言うと恵みの雨となったかもしれません。
大潟村では現在田植え真最中と言った所ですので、植えたばかりの苗には
恵みの雨となったと思います。
特に一昨日からの強風に煽られかなり影響が出たのではないかと思っています。
多分、1週間後の苗は、風に煽られた影響で葉先が白く枯れてしまって、
本来ならば、青々とした田植え後の景色が茶褐色の葉が目立つように
なって居ると思います。
我が家も含め昨日の強風下での田植えはしませんでしたので、
2日ほど休んで、明日から再開と言った所です。
まだ、三分の一程度しか終わっていないので、再度集中力を高め
頑張りたいと思っています。

平成31年 5月 20日(月) 大川 史郎

この光景・・・

 色々トラブルはありましたが、田植えもいよいよあと一日というところまできました。
 最終日近くになると去年の最終日の早朝、脚を車にはさまれたことを思い出します。
 そうそう、この光景。
 このあと、車に片脚が入れたままエンジンをかけ走りだし、引きづられ、車のドアが赤い枠で閉まる原理で脚がはさまれたんだった。今思い出しただけでも痛みが脳裏に。
 何やってたんだか(苦笑)
 おかげで田植えの終わりは病院でした。今年は問題ないな(苦笑)

 しかし、本日はあまりの強風なため中止に、苗が随分伸びてきてるのでヤキモキしてます。