平成18年 6月 26日(月) 長井 一彦

本日は暑い日です

 「梅雨が終わり、暑い夏を迎えております。」 なんて言ってみたくなるような爽やかなお天気です。
北陸・東北地方では雨が少ない日が続いております。梅雨の明ける来月半ばまでは、いつかまとめて降るのでしょうが、九州・四国地方では災害まで出ている事に、お見舞い申し上げます。
 
 明日は雨が降るといいます。せめて二日ばかり、このままお天気が続いて欲しいものです。
畦草刈り、田んぼの草取り、と仕事が適期に出来ませんと大変なのです。
土曜日には野球の練習試合で活躍(?)したので、ついつい大酒飲んでしまいました。
翌日は半日グロッキーで、ご想像のとおりでして・・・。
 
 明日からは頑張らなくてはなりません。来月の五日頃までには仕上げて、中干しに入らなくては・・・!
もう少しで秋田でも暑い夏がやって来ます。暴飲暴食は謹んで体調を壊さないように・・・?

平成18年 6月 23日(金) 早津 一仁

暑い夏に向けて・・・

 夏至も過ぎれば、気温の方は鰻登りでしょうか・・・?
ここ何日でしょうか、チリポリとぱらつくだけで、大降りしないでいますからちょっとだけ草木も水分不足でしょうか。
おかげで、あちこちの農道の砂利道は、車が通り過ぎるたびに大きな砂ぼこりの筋が・・・。

 「ドラマチック」は再び、起こりませんでしたね!
残念ながら、2006年の暑い夏の物語が、ひとつ終わりを告げてしまいましたね。
今朝は、日本全国で眠い目をこすりながらも、「日本時間午前4時・キックオフ」のときを待ち望んでいたことでしょう。その応援の仕方は千差万別でしょうが、みんなの思いはひとつ。
中村選手の言葉を失うシーンも、中田選手の放心状態な姿も、どれも同じ想いですね。

 さてさて、色んな思いの中で時間が過ぎた「2006・6・23」の今日一日ですが、一年で一番夜長なこの季節、それぞれのグラス(または盃)で乾杯ですね・・・!
(ウナギのパワーなんかも必要でしょうか?) 元気の源のために・・・。

平成18年 6月 22日(木) 大川 澄雄

 - 来光や 青田も我をも 染め上げて -  うふっ、愚句だあっ  

皆様、お元気でお過ごしでございましょうか?
月日の経つのは本当に早いものですね。昨日は「夏至」でございました。
皆様のご当地、日の出、日の入りの時刻、如何でございますか?
秋田は日の出が4時30分、本当に早いんですよ。ちょっと朝寝でもしたらもう太陽が高く昇っているわけで、油断なんかちっとも出来ません。
 私の場合、夜寝るのが馬鹿みたいに早いんです。夕餉食べますともう眠くなる、もううつらうつら・・・。
(実は大好きな晩酌の精なんです)早い時は7時半、びっくりでございましょうね。

 そのかわり、もう1時、2時に目が覚めてしまうんです。これも長年百姓に携わった性でしょうか。
でも、これがまた良いんですね。自分の好きな「趣味?」がゆっくり出来るんです。
そして、待つこと2時間、外が白々明け始めますと、ライトつけて軽貨物にて出勤なんです。
そして田の見回りから始まるんですが「いやあ、その気持ちの良いこと・・・・・・」
 暫くして、奥羽山脈から真っ赤な、太田君流に言いますと、おてんとうさんが顔を出し始めるんです。そして、暫く全てのものを赤く染め上げるんです。
 思わず、手を合わせて拝んでしまう、そんな敬虔な気持ちにかられます。
そして、色々の「田仕事」を致しまして、7時、我が家に帰って行きます。

 そして、朝餉の時間、これがまたお腹空いてて、その美味しい事、もうこたえられません。
私の場合、味噌汁、ご飯、納豆、これで充分・・・・(本当に質素、かも?)
 一つの日課として繰り返して参りました私の時間、これからも一日でも長く続けられたらと、思ってる60代半ばの「朝からだけの男」の私目でありました。

平成18年 6月 21日(水) 太田 稔

人生の折り返し地点・・・

 今、「あきたこまち」の生長は、まさしく鰻上り?でして、盛んに分げつ(枝分かれ)してましてただ今のところ、茎が10本くらいでしょうか、いずれ今が盛りと生長しています。
最終的に茎の数は、23本程度は欲しい訳ですが、これはおてんとさん次第?でしてこっちの思惑通りには行かないのが農業なんですね・・・

ちなみに今の時期は、「止め葉分化期」とかいって、要するに、稲の人生の中で最後に出る葉っぱ=止め葉の元が出来る時期なんですね。」そんでもって、この時期土や太陽から栄養をいっぱい貰っていると、葉っぱの色も濃くなり、つまりは最後に出る「止め葉」が、だら~り・・・みたいな、かっこ悪い稲?になっちゃうんですね!
原因といえば、やはり春先の低温でして、稲の生育が遅れたのが原因なんですね・・・
まあ、今後の天候いかんによっては、問題はありませんので、あしからず

でも、もうこんな時期に稲の将来が、ある程度決まってしまう・・・ってのを考えてみますと人間も一緒なんでしょうか、素質?の良さは、子供の頃に有る程度決まってしまう・・・

人生70年?ですか、まあ、折り返し地点をはるかに越えた私なんかには、ぜ~んぜん関係ない話ですけど・・・
(たぶん私は、ゴール間近で足がつって病院送り・・・ってなとこでしょう)

平成18年 6月 20日(火) 清野 道義

 先日の父の日、どうでしたか?
わが家は普通に何もありませんでした。
その日は、中学総体の地区予選大会で3番目がバレー部に今年入ったので
応援に行ってきました。
前評判どうり地区予選で優勝できた事は大変嬉しい事でした。
まして今迄に無い位の試合運びで見ていて気持ちの良い勝ち方をしていました。
3週間後に全県大会があるのでその時も頑張って欲しいものです。
ちななみにわが家の娘は1年生なので応援をがんばっていました。
いずれ3年生はこの大会が最後の大会なので1つでも多く勝って悔いを残さないよう頑張って欲しいものです。