平成18年 7月 12日(水) 太田 稔

憎きショッカーを倒さんと・・・

先週この一言に書き入れた乗用溝切り機「田面ライダー」ですが
流石に早い!凄い!楽!こんないいもん、何で今まで無かったんだろ!
と、調子に乗って朝から晩まで乗り続けたところ、ケツに激痛が・・・
そして股間に股ズレが・・・そして、車輪で跳ね上げる泥が、股間を濡らした・・・

そんな訳で、お尻の激痛と股ズレにて「油の切れたロボットが内股歩き」
みたいな状態で家路へ歩いてますと、子どもに見つかり大笑いされてしまった・・・

かくして正義の味方「ためんライダー(田面ライダー)は・・・ベルトの風車のドロを受け、ヘンタイになった」が、正解である・・・トホホ

平成18年 7月 11日(火) 清野 道義

 今晩から、韓国の女子中学生2人がホームステイに来ます。
まだ中学1年生で英語も片言なので韓国語でのコミュニケーションは大変です。
日本語も少し勉強してきたようですが挨拶程度しか出来ません。仕方のないことなのですが・・・・・
おかげで韓国語の入った電子手帳を先日購入してきました。
この電子手帳もあまり役に立ちそうも無く今は、野となれ山となれ状態です。
何とか2晩をこなそうと思っていますがどうなる事やらわかりません。
無事にこなせるように今は神様仏様状態。無事終わることを他力本願で祈っています。

平成18年 7月 10日(月) 長井 一彦

 大雨に見舞われて、洪水などで被害を被る地方の皆様には、お見舞いの言葉も見つかりません。
昭和41年42年と連続水害に大変な被害を受けたことがありました。
台風による被害も経験しました。49年の新潟地震による経験も鮮明に思い出されるのが不思議と最近のような気がしてなりません。
 災害も忘れた頃にやってくる。
台風などが発生すれば災害は免れたい等と、そんな事ばかり願って過しております。
異常気象等と言われて、地球温暖化、環境破壊もしかり何故か問題が大きくピンとしない人事のように感心を示さない。
何故なのでしょうか、馴れとは怖いもので少しでも普段からの心構えが必要なのでしょうか。
自然を相手に刃向かうことは出来なくても、緑を大事に、水を大切に、土を肥やす、等で私でもできる事を何か目的をもってみたいものです。

 今日は秋田では雨の予報だった筈なのですが、夏日の快晴の空です、あきたこまちも順調に生育しております。私も明日から草刈り、溝切りと大忙しです。

平成18年 7月 7日(金) 早津 一仁

「今日は、何の日・・・?」でしたっけ!!!

 皆様大変遅い時間になってしまいました。ごあいさつは、「こんばんは!」ですね。
今日はお陰様で、「7月10日配達指定日」のご予約を頂いておりましたお客様のお荷物が山ほどたくさんございまして、荷造り作業は「ヘトヘト」でした。
本当にありがとうございます。感謝・感謝の一言であります。
いつも私ども「こまちの里」をご利用頂きまして、本当に有難うございます。

 さてさて、今日は何の日でしたっけ・・・?
カレンダーの上では、「小暑」なんですね。日本全国、梅雨空の日々ではありますが、
今日からはどんどん暑さも増し、まさに真夏の到来になるものなのでしょう。
ギンギラギンに輝く真夏の太陽を、みんなで心待ちにして、さあまた明日から頑張ります。

 「早津、そんな事言ってないで別のこと・・・」という声が聞こえてきました。
はいはい! 今日は『七夕』でしたね。さて皆様は何をお祈りしますか・・・?
久しぶりに子ども心に戻って、大きな夜空を眺めながら、私もお願いをしたいと思います。
(欲張りはダメですよ!)ひとつだけ・・・!

平成18年 7月 6日(木) 大川 澄雄

大変、草に追われる?・・・

 梅雨の最中でございますが、皆様におかれましては
恙無くお過ごしの事と存じ、衷心よりお喜び申し上げます。
 先日、秋田も豪雨に見舞われました。皆様に大変ご心配をお掛け致しましたがここ、大潟村は水位は上がったものの、無事でございました。
 「あきたこまち」も順調に推移致しております。どうぞ、ご安心下さいませ。

 太田君言ってましたように、今の作業は溝切りでございますが、でも私の場合はまだその前の段階で、早朝から夕方まで「草取り」なんです。私の怠慢での出来事、田水があるうちに草取りしないと「中干し」にかかったら大変なんです。
 腰が痛いのなんの、虫に刺されるのなんの、露にずぶ濡れのなんの・・・。
でも自分で蒔いた種、辛くても我慢がまん、ガンバルしかありません。
 早く取れば良いものを、当然草君たちも大きくなってるんです。
苗カゴに入れて出すわけなんですが、大きくなった草、兎に角重い・・・
腰が千切れそう・・・。でも自分で蒔いた種、頑張ってます。

 でも本当に楽しみな事もあるんです。それは・・・・
そうです。仕事終わってヘトヘトになって帰ってからの「晩酌」なんです。
家内から「晩酌したくて仕事してるんじゃないの」と、からかわれるようにその美味そうに呑む仕草がよほど良いんでしょうね。もう芸術の域かも知れません。