平成30年 11月 6日(火) 清野 道義

良い天気が続いています。

 ここ一週間ほど好天が続いているので大潟村では、暗渠排水の敷設作業が進んでいます。
この暗渠の敷設工事は、普通一般農家の機械力では個人作業がまず出来ない作業ですが、ここ大潟村では、個人農家が作業機械をそろえて敷設工事をします。わが家も機械一式をそろえているので若夫婦併せて4人体制で作業をします
今年は、我が家から出てくる籾殻の量を考え16本の暗渠を敷設します。
来年は、その暗渠作業のためにパワーショベルの中古機械を手に入れようかと考えています。サイズは、PC40クラスと言われる大きさを狙っています。
いい出物があったら良いなと内心思っています。
パワーショベルがあると作業の幅も広がって来るので、あれも・これもやりたいな~と、一人妄想に耽っている所でした。

平成30年 11月 5日(月) 大川 史郎

種苗交換会

 先週末”秋田県種苗交換会”にいってきました。今年は秋田市での開催でした。最後に行ったのはいつだったかなというくらい行ってなくて…まあこの時期は色々用事や行事があるからなんですけど、本当久々だったなぁ。
 自分は農機の展示してあるほうの会場へ行ったんですが、いざ会場へ着くと…まあ人の多いこと多いこと。そもそもこの”種苗交換会”その名の通り、昔、情報も交流もあまりなかった頃、発展と弱点の克服を目的として種子と情報を交換し合うために開催されたとありましたが、いまとなっては『大々的な農業の祭り』という位置づけになってきているようで、会場の出店の多さに驚きました。個人的には”竿灯祭り”よりあるのかなというくらいでした。時間の関係上あまり見て回れませんでしたが、色んな店があって…こんな感じなら次も来てみようかなと。

平成30年 11月 2日(金) 長井 一彦

食べて飲んでナンボの世界?ですね。

 昨日は頑張って籾摺りを終わらせる予定でしたが機械が故障してしまい残念でした半日治すのに時間が必要でした。今日明日と仕事が出来ず後日までとなりました。
 寒くて身体が冷えてしまいます。今日から幾分か暖かい日を迎えることでしょう。
冬場を知らせる発冠の報が伝わります、農業からも作物類が収穫されて美味しく食べる事が伝わります。好きな類は里いも、魚類にりんごからいろいろですが味気が一番気になります。一言私流で言えばノッペ汁ですかね。

平成30年 11月 1日(木) 大川 澄雄

あっちこっちで銃声の音が・・・・・

 今日から狩猟の解禁でした。この日にちは地方によって違いますが、秋田県の場合は11月1日からカモ猟の開始です。かの八郎潟はカモの狩猟で有名だったそうです。干拓されてから55年経ちまして、その数も大分減ってきたようです。おそらく気候の精もあるのかもしれません。

 朝、日の出の時刻と同時に銃声が響きます。でも鳴り止むのも早く、それだけ数が少なくなったと言う事でしょう。一人当たり5羽と決められておりまして、限度数量だけは収穫があったようでした。この銃声も風物詩でありまして、ほとんど一日ですが、これも冬を告げる北国の合図なのかも知れません。

平成30年 10月 31日(水) 長井 一彦

寒く雪が降る11月です。観覧

 陽の経つのが早いものです。10月の30日から例年県では種苗交換会を開催されております。農業を営む我々の感謝と豊作を祝い進歩の歩みを視察し励みとするものと思います。第141回を迎え戦中時期も休まずつづき近年まで頑張って来ました。大規模な開催で一度は見るべきと思います。
 昨晩は大潟村でも少なくてもアラレの降る晩でした。4~5日程早い雪の降ることでしょうか。
 11月になればですが「里のもち」を販売致します。11月のプレゼント品は少々ですが切り餅です、どうか試食いただきご注文頂きたく紀させていただきます。刈取り作業も終えて残りの暮れまで頑張ります。