平成30年 7月 20日(金) 大川 澄雄

本当の名前は・・・・

 「ぶた花」これは絶対本当の名前じゃないと思います。こんな黄色い優しい花がそんな名前あるはずがありません。この花、今を盛りに村の草原などに咲き誇っております。辞典を調べましたら、やはり「ぶたはな」ではないようです。映像が小さくて見ても分らないかもしれませんね。本当の名前を知りたいんですが・・・・

 きっと綺麗な名前があると思いますが・・・・・

平成30年 7月 19日(木) 大川 史郎

県内における鳥獣の近況

 今の日本で秋田は高気圧の影響が少ない所にあたるから、マシなはずなんだけど…やっぱり暑いな(苦笑)身体が慣れてないのかな。

 昨日、3年毎にある”狩猟者登録証”の講習がありました。
 そこで最近の県内の近況を聞いたんですが、昨年の熊の捕獲頭数が834!800って…
 6月からのツキノワグマ”出没注意報”だったのが”出没警報”に変わっていました。
 おまけに鹿も猪も年々確実に増えてます。秋田の農業被害もそのうちどう影響してくるか…
 
 なんか、色々忙しくなりそうだな。

平成30年 7月 18日(水) 長井 一彦

暑い日にドライブ?。

 おはようございます。今日も曇りまたは雨が降るでしょう。の予報です。
先日梅を収穫しました、実家の新潟地区では収穫無しの話でしたので車で行って来ました。こんなに大きいのは初めてだと驚いておりました。上手く梅干しを作って下さいと願っております。
 32~3度以上となりますと陽射し温度が気にかかります。エアコンを冷やしておりますので快適。秋田市まで来ましたら温度計は24度程で快感は寒く感じます。
家に着いて車から降りましたら腕から身体全体が汗(?)ですべすべしました。
ん、何だと思いましたね。初めての経験で。笑われてしまいますね。
 非常に暑い日でした、遠路移動しますと温度の差で身体がおかしくなりました。

平成30年 7月 17日(火) 大川 澄雄

ねむの花

 合歓の花、それは淡紅色の刷毛のような美しい花ですが、村の道路脇にも自生しておりまして、今を盛りに咲いております。その合歓の花を透かしてぼんやり見える青田、これも今しか見ることの出来ない原風景でもあります。

 ちょっと調べて見ましたら、この名前の由来が、夜になると葉を閉じて眠ったようになるのでこの名前が付いたみたいです。花ことばは歓喜、ときめきだそうです。
 
 松尾芭蕉が秋田県象潟(きさがた)に来たのもちょうど今頃だったのでしょう。
句に -象潟や雨に西施がねぶの花 -これはあまりにも有名な句です。

平成30年 7月 13日(金) 清野 道義

昨日の晩から降り続き・・・・・。

 結構長い時間強い雨が昨晩降り続いていました。
大潟村でも洪水注意報が出たくらいでした。
大潟村では、山が無いので土砂災害はありませんが
大量の雨水をお金をかけてポンプで排水しないといけない
海抜マイナス3~15m地帯なので排水ポンプが生命線です。
もしポンプが壊れたら大潟村は水没してしまいます。
そうならない事を祈りながら・・・。
梅雨時は特に強く思います。
ここ東北地方の梅雨明けは何時になるのか分りません。